So-net無料ブログ作成

消化不良・・・ (vs チェコ戦) [about football]


今日はキリンカップの試合でした。



定時で帰るつもりが、まさかの残業・・・。


前半は見れず、後半のみを帰りの電車で携帯のワンセグ観戦となりました(涙)


そんなわけで画面の小さなワンセグで試合を見た感想を・・・。
(ポジション配置とか間違ってたらごめんなさい・・・<(_ _)> )





日本代表は慣れない3バックで、すごくやりづらそうに試合をしてたと思います。



チェコは3トップ(1トップで両ウィング?とにかく前線が3人だったような・・・)だったようで、日本のディフェンスラインとのかみ合わせもよくなかったようですし・・・。



どうも両ウィングバックの長友と内田が動きづらそうにしてたと思います。






3バックは、中盤で数的優位になりやすいし、パスコースのトライアングルも作りやすいので、今は世界的にメジャーではありませんが、今後に大きな可能性があるシステムだと個人的に思っています。



ただ3バックは、最終ラインを3人でカバーをするのが非常に難しいこと、そして両ウィングバックが最終ラインに吸収され5バックになりやすく、ボールを奪ってからのラインの押し上げが遅れ易くなるなど、構造的な欠点を持っています。



ゆえに、3バックを使う場合は、両サイドバックが攻守にうまくバランスをとれるかがカギとなります。



私はその両ウィングバックに求められるプレーは、4バックの両サイドバック以上に高度だと思っています。



だから、最近のサッカーでは4バックが主流なのではないでしょうか。




イタリアでは、ウディネーゼやナポリ、ジェノアといったチームが今でも3バックを使ったりしていますが、よりチーム戦術を重視するセリエAで、かつ高度なプレーが可能なウィングバックがチームに在籍するからこそ可能な芸当なのではないかと思います。


(スペインやイングランドでは3バックはほとんど見かけませんし。デポルティボが一時3バックもどきのような、5バックをやってましたけどね。)



ゆえに、3バックというのは練習時間が多くとれない代表チームにはあまり向いていないシステムだと思います。






ザッケローニは今後3バックとどう付き合っていくのでしょうか。



3バックもオプションとしては面白いので、ブラジルW杯まで時間もあることですし、今のうちにいろいろ試してほしいと思います。



長友や内田が3バックのウィングバックもできるようになったら、面白いだろうな。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

”重要なのは選手のクオリティであって、国籍ではない” [about football]


明日はキリンカップのチェコ戦がありますね。




来日しているチェコ代表GKチェフが、日本代表GKの川島についてコメントを出しています。

(yahooニュースより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110606-00000317-soccerk-socc


チェフ自身もサッカーの強国とは言えないチェコから、イングランドに渡り、チェルシーで高い評価を得ているので、この言葉には説得力があります。



チェフの言うとおり、日本の選手がどんどんヨーロッパに移籍をして、より高いレベルで修業をしてほしいです。






来日しているチェコ代表で知っているのはチェフと、本田の同僚のネチドぐらいですが、どんなサッカーを見せてくれるのでしょうか。



明日の試合が楽しみです。






明日は絶対残業しないで帰ろ!





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

#18 09-10 Bayer Leverkusen Home 11 Kießling WIR HELFEN [German Club]

leverkusen0910-wirhelfen-1.jpg

leverkusen0910-wirhelfen-3.jpg

leverkusen0910-wirhelfen-2.jpg



Shirt data: Bayer Leverkusen Home

Season: 09-10

Sponsor: WIR HELFEN

Supplier: adidas

Name: 11 Kießling

Size: XL

Note1: with Bundes Liga patch and Stiftung patch on the sleeve

Note2: This shirt is Formotion.




18枚目のユニホームは、レバークーゼンのキースリンクです。




レバークーゼンといえば、01-02シーズンに攻撃サッカーで躍進して、CLの決勝でレアルと戦ったのが印象的ですよね。


完全なダークホースですごく面白いサッカーをしていましたが、あのジダンのスーパーボレーがすごすぎて、最後の最後でレバークーゼンの印象がかすんでしまったのがとても残念でした。


01-02シーズン、レバークーゼンはCLだけでなく、ブンデスリーガ、国内カップ戦でもタイトルの可能性をすべて残していましたが、全て最後で敗れてしまいました。


(・・・そんな状況を『ネバークーゼン』と揶揄されたとか(笑))


なんか応援したくなるクラブです。



ちなみに2009年にドイツ旅行でケルンに立ち寄った際、レバークーゼンの本拠地バイアレナを見に行きました。


ケルンからSバーンに乗って、15分ほど。


ここが最寄駅のLeverkusen-Mitte駅

leverkusen0910-wirhelfen-4.jpg


駅から閑静な住宅街を歩くこと25分・・・(遠かった・・・。)


これがバイアレナです。

leverkusen0910-wirhelfen-5.jpg


試合日ではなく中には入れなかったので、いずれ試合を見にきたいスタジアムです。



ネームのキースリンクは、ドイツ代表です。


2009年11月6日のブンデスリーガ第12節のフランクフルト戦で、このWIR HELFENというスポンサーのユニホームを着用しました。


WIR HELFENは、『私たちは助けます。』という意味らしいですが、チャリティーか何かなのでしょうか・・・。


ハートマークがいい感じですね!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

#17 10-11 U.S Citta di Palermo Home 27 Pastore [Italian Club]

palermo1011-pastore-1.jpg

palermo1011-pastore-2.jpg

palermo1011-pastore-4.jpg

palermo1011-pastore-5.jpg

palermo1011-pastore-3.jpg




Shirt data: U.S Citta di Palermo Home

Season: 10-11

Sponsor: Banca Nuova, EUROBET

Supplier: LEGEA

Name: 27 Pastore

Size: M

Note: with SERIE A patch on the sleeve



17枚目のユニホームはパレルモのパストーレです。



イタリアには、ウディネーゼやアタランタみたいに下部組織で選手を育てたり、実力はあるけど無名な選手でチームを作り活躍させ、移籍金が高騰したところでビッククラブに売って、うまく経営を成り立たせているクラブが多いですよね。


パレルモもそんなクラブの1つだと思います。



パレルモといえば、監督をすぐクビにするザンパリーニ会長が有名です。


04-05シーズンよりセリエAに参戦してから、一体何人・何回(※解任した人を再登板させておきながら、再びクビを切ったこともある。)監督のクビをすげ替えたのでしょうか。


そんだけ監督のクビをコロコロ替えていたら、とても安定した成績をあげることは難しいと思いますが、不思議と順位はだいたい1ケタで欧州の舞台に登場することもあります。


今シーズンも8位でしたし。


何とも不思議なクラブですが、スカウトやコーチは間違いなく優秀なんでしょうね。


これからも注目したいクラブです。




さて、そんなパレルモに所属するパストーレは、今セリエAで最も将来を期待される若手の1人だと思います。


アルゼンチンのカカと呼ばれることもあるようですが、確かに自分でボールを前に持っていくスタイルは、ミラン時代のカカに似ています。


今年の夏の移籍がうわさされていますが、果たして・・・。



このユニホーム、LEGEAという見慣れないメーカー製ですが、肩口にある”オーバーヘッドキック”をかましているようなシルエットが面白いですね(笑)




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

サヨナラ・・・ [about football]


”簡単に引退を決めたわけではないけど、今がその時だと感じたんだ。"(マンU公式HPより)http://www.manutd.com/en/News-And-Features/Football-News/2011/May/scholes-retires.aspx



マンUに所属するポール・スコールズが現役引退を表明したようです。


この前のCL決勝でも途中出場してましたね。


最後の試合は完敗となってしまいましたが、それでもスコールズのキャリアが輝いていたことに変わりはありません。


スコールズは家庭を大事にしていた人のようで、練習が終わるとさっさと家に帰って夜遊びなどほとんどしたことがないそうです。


だからこそ、マンUというビッククラブで長い間活躍することができたんですね。


その高いプロ意識はとても素晴らしいことだと私は思います。


来シーズンからはコーチとしてマンUを支えていくようです。





マンUからは、ネビル、ファンデルサール、そしてスコールズが引退することになりました。


1つのサイクルが終わったと言えるのではないでしょうか。


ネビルとスコールズの後継者は誰になるんですかね?


ファンデルサールの後継者は、アトレティコのデ・ヘアが有力とのことですが。


来シーズンからの新生マンUも目が離せません。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

大人と子供・・・(10-11欧州CL決勝) [about football]

土曜日にCLの決勝があって、10-11シーズンも終わりましたね。


私もCLの決勝は見ましたが、正直バルサがマンUをここまであっさりと倒すとは思いませんでした。

チームとしての完成度が大人と子供ぐらい違う・・・。




バルサはCBがマスチェラーノであったこと以外はベストメンバー。

(マスチェラーノは最近ずっとCBだったので、ベストメンバーと言えばベストメンバーなのかもしれませんが。)


一方マンUも完全なベストメンバー。


ただ中盤にリーグ戦で好調だったナニではなく、運動量のあるパク・チソンを入れてきたことから、中盤での攻防を少しでも有利にしようとしている意図を感じました。


ただ実際に試合が始まると、最初の10分まではマンUがバルサ顔負けのプレスをかけて主導権を握ったものの、それ以降は『これがプレッシングサッカーだ!』と言わんばかりにバルサが完全にフィールドを制圧していました。


ルーニーも守備に奔走してましたし、エルナンデスも消えていました。


バルサの組織的な攻撃と守備のレベルが高すぎる。(特に守備)


まるで1つの大きな生き物が次々と小さな11人の人間に襲い掛かっているようでした。


正直マンUの攻撃が形になっていたのは、ルーニー(あと途中出場のナニ)がドリブルで強引に突破した時だけだったと思います。


バルサの守備の基本はボールを失ってすぐにボールホルダーに詰めて、前を向かせないことなので、ドリブルで最初のプレスを突破されたり、後ろからロングボールを放り込まれてそれを拾われると、意外とやられます。


実際試合開始早々のマンUのチャンスもロングボールからですし、ルーニーが点を取った時も、たまたまルーニーが前を向け、かつルーニーの前に誰もいなかったからですし。

(とはいえ、それでもあそこで点を決めるのはさすがルーニーだと思います。)


バルサがルーニーのドリブルを明らかに嫌がっていたので、いつドリブラーのナニを投入するかなーと思って見てました。


ギリギリまで同点でしのいで、ナニ投入で何とか1点を狙って、最後に勝ち越すことをファーガソンは狙っていたのではないかと思いますが、2点目を取られた後では遅かった。


というより、マンUが弱者の戦い方を強いられた時点で、勝負はついていたのかもしれないですね。


試合終盤になっても、ビジャやペドロはファンデルサールにプレッシャーをかけてましたし、バルサがいかに全員で連動して守備をしていたかがわかります。


惚れ惚れするぐらい見事なチームプレイ。


正直、今のバルサと互角に渡り合えるチームはヨーロッパにいないのではないかと思うくらい。



来シーズン、バルサを止めるチームは現れるでしょうか。


というより、どこかバルサを止めるチームが出てこないとCLもつまらなくなります。

(リーガエスパニョーラは、既にバルサとレアルのリーグになった感があるので残念に思っています。)


誰か、バルサを止めてくれ!




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

#16 08-09 FC Barcelona Home 10 Messi Copa Del Rei Final [Spanish Club]

barcelona0809copadelrei-messi-1.jpg

barcelona0809copadelrei-messi-2.jpg

barcelona0809copadelrei-messi-3.jpg



Shirt data: FC Barcelona Home

Season: 08-09

Sponsor: unicef

Supplier: Nike

Name: 10 Messi

Size: L

Note: with LFP patch on the sleeve



16枚目のユニホームはバルセロナのメッシのコパデルレイ決勝モデルです。



今夜はCLファイナルですね。


下馬評ではバルセロナ有利ですが、果たしてどんな結果になるか。


私の考えるキーマンは、バルセロナはシャビ、マンUはルーニーです。


この2人が存分に仕事ができればかなり面白いゲームになると思います。





そしてメッシ。


デビュー当時は右ウィング。


今シーズンはずっと偽のCFで、フィニッシュにアシストもできる、かなり万能なアタッカーになったと思います。


アルゼンチン代表ではまだあまり輝いていないものの、バルセロナでは世界一の輝きを見せるメッシ。


ビッグイヤーを手繰り寄せることができるか。




このユニフォームは08-09シーズンのコパデルレイの決勝モデルです。


対戦相手はアスレティック・ビルバオでした。


胸にマッチデーが入っていますね。


LFPパッチを外してコパデルレイパッチをつけてもらうような注文をしたものの、なぜかユニフォームにLFPパッチがついたままで、コパデルレイパッチが同封されてきました(笑)


コパデルレイパッチがつけられるのはいつの日か。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

アグエロの移籍願望 [about football]


アトレティコは僕の決断を尊重するべき (Goal.comより)

http://www.goal.com/jp/news/73/%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%A4%E3%83%B3/2011/05/25/2502138/%E3%82%A2%E3%82%B0%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%B3%E3%81%AF%E5%83%95%E3%81%AE%E6%B1%BA%E6%96%AD%E3%82%92%E5%B0%8A%E9%87%8D%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%B9%E3%81%8D




アトレティコマドリ―ドのFWアグエロが自身のHPにて移籍願望を表明したようです。


アトレティコへの愛情と感謝を表明しているものの、移籍先はよりによってレアルマドリードが濃厚なんだとか。


やっぱりプロとしてやっている以上、タイトルに近いクラブに移籍したいという願望は隠せないのでしょう。


アトレティコは同じくFWのフォルランも移籍の噂が出ているので、もし両方ともいなくなったら大打撃ですな。


トーレスの移籍後、フォルランとアグエロがチームの顔となったわけですが、来シーズンは果たして誰が顔となっているでしょうか。




それにしてもレアルは、ドルトムントからシャヒン、バイエルンからアルティントップ、エスパニョールからカンテラ出身のカジェホンを獲得しましたが、今年の夏は何人補強するつもりなんですかね。


モウリーニョはことあるごとに「今のスカッドに満足している。」と語っていますが、この人の場合、言葉を真に受けないほうがよさそうです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

#15 08-09 Deportivo La Coruna Away 5 ZE CASTRO [Spanish Club]

deportivo-0809-zecastro01.jpg

deportivo-0809-zecastro02.jpg

deportivo-0809-zecastro03.jpg


Shirt data: Deportivo La Coruna Away

Season: 08-09

Sponsor: Estrella Galicia

Supplier: canterbury

Name: 5 ZE CASTRO

Size: L

Note: with LFP patch on the sleeve



15枚目のユニホームはデポルティボラコルーニャのゼ・カストロです。





CBはデポルティボにおいて最も人材が充実しているポジションでした。


このユニホームのゼ・カストロにロポ、コロット、その少し前にはコロッチーニやアンドラーデもいました。


ただ実力者が揃っているだけあって、全員が移籍してしまうのでは、とかなり残念に思います。


強固な守りからの速攻スタイルのデポルが来シーズン以降どう変わっていくのでしょうか。


変わらないのか?それとも・・・。







降格決定からしばらくたって、少し気分も落ち着きました。


ただ来シーズンが始まるころ、デポルがいないことを実感して、きっと寂しく思うんだろうな。


このユニホームのスポンサーは『ガリシアの星』というビールを作っている会社なわけですが、これを見てふと2008年にラコルーニャを訪れたときのことを思い出しました。


リアソールのそばにPlaya Clubというデポルティボ直営のレストランがあるのですが、そこでビールとサンドイッチを頼んだ時に出てきたビールが、まさに『ガリシアの星』でした。

estrella-garicia.jpg


バーテンのおっさんの一人が少し英語のできる人だったので、デポルティボについていろいろ話してくれたのを懐かしく思います。


おっさんがいい人だったので、店内に飾ってあるコパデルレイの写真を撮らせてくれました。


(左がコパデルレイと言っていたが、右は何だったか忘れた・・・。)

copaderley.jpg




デポルの思い出は、また時々書こうと思います。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

2011/5/21 降格した日 [deportivo]

昨日はデポルティボのユニホームを紹介して必勝祈願をしたのですが、残念ながら本拠地リアソールでバレンシアに0-2で敗れ、デポルティボが降格することになってしまいました。


決定機は何度もあったものの、キーパーのビッグセーブやポストに阻まれ・・・。


せめてどれか1つでも決まっていれば・・・。


ツイてないチームはどこまでもツイていないと思いました。




誰もが知っているメジャーな選手はいないのに、CLで強豪をなぎ倒す姿に憧れて、ずっとデポルを追ってきました。


特に03-04シーズンに大逆転でミランを下してCLのベスト4になったときは、本当にうれしかった。


シーズン中は毎週末のデポルの試合結果に一喜一憂してました。


そんなデポルが来シーズンは1部にいない。


ウイイレにもデポルはいない。


なんか心にぽっかりと穴があいた感じがします。


応援するチームがトップリーグにいることがどれほどありがたいことなのか、今すごく感じます。





来シーズンは2部で、そしてメンバーもかなり入れ替わるでしょう。


試合を見ることはおそらくできないだろうし、情報もあまり入ってこない。


それでも私はデポルを追い続けようと思っています。


リアソールまで試合を見に行くぐらい熱をあげてましたし、2部に落ちたとはいえ簡単には冷めないですね。





監督もメンツもガラッと変わるでしょうけど、再び1部に戻ってくるのを信じて気長に待ちます!




がんばれ!


デポルティーボラコルーニャ!


1年で1部に戻ってこい!!!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。