So-net無料ブログ作成

#24 09-10 AC Milan Away 80 RONALDINHO No sponsor [Italian Club]

ACMILANnospoaway-0910-1.jpg

ACMILANnospoaway-0910-2.jpg

ACMILANnospoaway-0910-3.jpg

ACMILANnospoaway-0910-4.jpg




Shirt data: AC Milan Away

Season: 09-10

Sponsor: None

Supplier: adidas

Name: 80 RONALDINHO

Size: XL

Note1: with CL patch, RESPECT patch and 7 trophy on the sleeve

Note2: This shirt is FORMOTION





24枚目はACミランのロナウジーニョのアウェイノースポンサーモデルです。





09-10シーズンでは7枚目でご紹介したように、スイスでの試合でノースポンサーのモデルを着用しましたが、実は他にもノースポンサーで戦った試合があります。


2009年9月15日の対マルセイユ戦です。


フランスでもオンラインカジノのスポンサーが禁止されているらしく、ノースポンサーで試合をしました。


最近は景気の問題もあってユニホームにスポンサーを入れていないチームも割と見かけるようになりましたが、禁止されているからノースポンサーで試合を行う、という事態が発生することもなかなか面白いことです。


この場合って、スポンサー料とかどうなるのだろうか・・・?


スポンサー無しでもかっこいいです!



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

#23 98-99 Perugia 3rd 7 NAKATA [Italian Club]

perugia3rd-9899-1.jpg

perugia3rd-9899-2.jpg


Shirt data: Perugia 3rd

Season: 98-99

Sponsor: None

Supplier: GALEX

Name: 7 NAKATA

Size: L

Note1: with Lega Calcio patch on the sleeve

Note2: with tag



23枚目はペルージャ時代の中田の3rdユニホームです。




今日はお茶の水にある、日本サッカーミュージアムに行ってきました。
http://www.11plus.jp/


驚いたのは、先日あった日本代表vs Jリーグ選抜の試合のユニホームや、キリンカップのチェコ戦のユニホームやボールが置いてあったこと。


すごくタイムリーですね(笑)


地下に行くと、日韓ワールドカップの資料やユニホーム、戦前戦後の日本代表の歴史の資料なんかがありました。


面白かったのは、1936年のベルリンオリンピックの選手団のとってきた写真集。


写真集は、当然ドイツの宿舎の写真とかがあるのですが、途中からフランス視察写真とか、スイスの視察写真だとか(ほんとに視察なのか・・・?)、エジプトの写真(おそらく帰国時の写真)だとか、こいつら試合以上に観光を楽しんでんじゃないか、って思わせる写真ばっかでウケた(笑)


しかも試合のときにメガネをつけている人もいたし。
(ダービッツのはしりやね。)


日本代表の歴史って、ものすごい昔からあるんだなーって思った。


一緒に行った人とたくさん笑って、とても楽しい一日でした。




そんな日本代表の歴史の中で、ヨーロッパへの道を開いた人間の1人、中田英寿。


彼自身のキャリアもとても輝いていましたし、中田以降ヨーロッパに渡った選手も活躍するケースが増えていると思います。


次に日本代表の歴史をつくるのは誰なのでしょうかね。





この3rdユニホームは、蛍光カラーがまぶしいですね!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

#22 09-10 Athletic Club Ajaccio Away 20 SABO [French Club]

ajaccio0910away-sabo-1.jpg

ajaccio0910away-sabo-2.jpg

ajaccio0910away-sabo-3.jpg

ajaccio0910away-sabo-4.jpg



Shirt data: Athletic Club Ajaccio Away

Season: 09-10

Sponsor: Geant, etc

Supplier: DUARIG

Name: 20 SABO

Size: L

Note: with LIGUE 2 patch on the sleeve.




22枚目はフランスのリーグ2(ドゥ)所属のアジャクシオのサボです。





このユニホームを買っておきながら、正直私はこのクラブについてよく知りません・・・(笑)。


地中海に浮かぶコルシカ島を本拠地とするクラブだそうです。


デザインが面白いだけで買ったユニホームですが、何と10-11シーズンにリーグ2の2位となり、11-12シーズンからリーグ1で戦うことになったようです。


そんなわけで、新シーズンが開幕したら注目したいクラブです。



ネームのサボは、フランス人のDFです。


当時マルセイユからレンタルで加入していたようです。


このユニホームには珍しいリーグ2パッチがついています。


ネームが斜めに入っているわけですが、このやる気なさ加減がいいですね。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

”アグエロのような真似はしない。” [about football]

アーセナルに所属するセスク・ファブレガスが、自身の去就についてコメントを出しました。(Goal.comより)

http://www.goal.com/jp/news/74/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89/2011/06/15/2533376/%E3%82%BB%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%82%A2%E3%82%B0%E3%82%A8%E3%83%AD%E3%81%AE%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AA%E7%9C%9F%E4%BC%BC%E3%81%AF%E3%81%97%E3%81%AA%E3%81%84



先日移籍願望を表明した、アトレティコのアグエロのように露骨に移籍を要求するようなことはしないものの、やはりバルサに移籍したいという思いがものすごく伝わってきます。

(去年の夏は、セスクも露骨に移籍願望を口にしていた気がしますが・・・。)




毎年夏になるとこの話題になりますが、私自身の考えは「少なくともあと2年ぐらいはバルサに戻らない方がいい。」です。



理由は、セスクが今バルサに戻っても、シャビとイニエスタの牙城を崩すレベルにないと思うからです。


セスクがいい選手であることは明らかですが、”何としてでも試合に勝つ力強さ”を、私は彼から感じないのです。


それがスペイン代表でもレギュラーになりきれず、またアーセナルでタイトルに恵まれない理由なのではないかと思っています。



もちろんシャビやイニエスタも歳をとりますから、いずれは後継者が必要になりますが、バルサにはチアゴ・アルカンタラなど、有望な中盤の選手がカンテラにいます。



正直今のバルサには何がなんでもセスクが必要というわけでもない。



私はセスクはまだアーセナルで学ぶことがあると思う。






移籍市場は何が起こるかわからないから、最後まで注視しなくてはいけないものです。



でも、最終的にセスクはバルサに縁がないんじゃないか・・・、なんとなくそう思います。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

#21 10-11 AC Milan Home 11 IBRAHIMOVIC CL [Italian Club]

ACMILAN-1011ibra-1.jpg

ACMILAN-1011ibra-2.jpg

ACMILAN-1011ibra-3.jpg




Shirt data: AC Milan Home CL

Season: 10-11

Sponsor: Fly Emirates

Supplier: adidas

Name: 11 IBRAHIMOVIC

Size: XL

Note1: with CL patch, RESPECT patch and 7 trophy on the sleeve

Note2: This shirt is FORMOTION


21枚目はミランのイブラヒモビッチです。



今シーズン、インテルから久々にスクデットを奪還したミラン。


パト、ロビーニョ、そしてイブラの3人がそれぞれ14得点を挙げるなど、特定の個人に依存しなかったことがミランの強さだったわけですが、とりわけ印象に残るゴールが多かったのがイブラだったと思います。


優勝請負人の称号を裏切らず、ミランのスクデット獲得に貢献したイブラ。


どのインタビュー記事を見ても、『俺様が世界No.1のFWだ。』と言ってはばからないのですが、世界No.1のFWといっても過言ではないと私は思います。


ポストプレーよし、ヘディングよし、ドリブルよし、シュートテクニックよし、とここまで万能なFWはいないのではないでしょうか。


そんなイブラですが、不思議とCLタイトルには縁がないんですよね。


今シーズンも伏兵トッテナムの前に敗れたミランですが、来シーズンのCL制覇にイブラは意欲を燃やしているに違いありません。


期待しましょう!



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

#20 09-10 Werder Bremen Home 44 BARGFREDE with 111 patch [German Club]


bremen111bargfrade-1.jpg

bremen111bargfrade-2.jpg

bremen111bargfrade-4.jpg

bremen111bargfrade-3.jpg



Shirt data: Werder Bremen Home

Season: 09-10

Sponsor: SO GEHT BANK HEUTE.

Supplier: Nike

Name: 44 BARGFREDE

Size: M

Note: with 3rd League patch and 111 patch on the sleeve.




20枚目はブレーメンのバルグフレーデです。



ミクー、ジエゴ、エジル・・・と近年魅力的な司令塔が在籍するブレーメン。


そして今はドイツ代表マリンがチームをけん引していますが、彼とともに期待されるのがブレーメンの下部組織出身、ドイツU-21代表のバルグフレーデです。


このユニホームは09-10シーズンのもので、当時は下部組織の方の試合に多く出ていたようですが、10-11シーズンはけっこうトップチームの方でも見かけました。


どんな選手になってくれるのでしょうか、楽しみです。





このユニホームには下部組織が所属するドイツ3部リーグのパッチと、ブレーメンの設立111周年を記念するパッチがついています。


この111パッチがなかなかいい感じですね!




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

#19 10 CSKA Moscow Away 7 HONDA [Russian Club]

cskaaway-10-1.jpg

cskaaway-10-2.jpg

cskaaway-10-3.jpg

cskaaway-10-4.jpg




Shirt data: CSKA Moscow Away


Season: 10


Sponsor: HYUNDAI,etc


Supplier: Reebok


Name: 7 HONDA


Size: L


Note1: with Russia League patch on the sleeve


Note2: with Tag





19枚目はCSKAモスクワの本田圭祐のアウェイユニホームです。



先日の日本代表戦で、改めて大きな存在感を示した本田圭祐。


今後の日本代表を引っ張っていくであろう彼は、この夏にビッククラブに移籍することになるのでしょうか。


今のところ正式オファーは無いようですが、果たして・・・。





このユニホームにはキリル文字で本田のネームが入っています。



裾にもキリル文字で何か書いてあるのが、さりげなくオシャレです!






・・・なんて書いてあるのかさっぱりわかりませんが(笑)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

消化不良・・・ (vs チェコ戦) [about football]


今日はキリンカップの試合でした。



定時で帰るつもりが、まさかの残業・・・。


前半は見れず、後半のみを帰りの電車で携帯のワンセグ観戦となりました(涙)


そんなわけで画面の小さなワンセグで試合を見た感想を・・・。
(ポジション配置とか間違ってたらごめんなさい・・・<(_ _)> )





日本代表は慣れない3バックで、すごくやりづらそうに試合をしてたと思います。



チェコは3トップ(1トップで両ウィング?とにかく前線が3人だったような・・・)だったようで、日本のディフェンスラインとのかみ合わせもよくなかったようですし・・・。



どうも両ウィングバックの長友と内田が動きづらそうにしてたと思います。






3バックは、中盤で数的優位になりやすいし、パスコースのトライアングルも作りやすいので、今は世界的にメジャーではありませんが、今後に大きな可能性があるシステムだと個人的に思っています。



ただ3バックは、最終ラインを3人でカバーをするのが非常に難しいこと、そして両ウィングバックが最終ラインに吸収され5バックになりやすく、ボールを奪ってからのラインの押し上げが遅れ易くなるなど、構造的な欠点を持っています。



ゆえに、3バックを使う場合は、両サイドバックが攻守にうまくバランスをとれるかがカギとなります。



私はその両ウィングバックに求められるプレーは、4バックの両サイドバック以上に高度だと思っています。



だから、最近のサッカーでは4バックが主流なのではないでしょうか。




イタリアでは、ウディネーゼやナポリ、ジェノアといったチームが今でも3バックを使ったりしていますが、よりチーム戦術を重視するセリエAで、かつ高度なプレーが可能なウィングバックがチームに在籍するからこそ可能な芸当なのではないかと思います。


(スペインやイングランドでは3バックはほとんど見かけませんし。デポルティボが一時3バックもどきのような、5バックをやってましたけどね。)



ゆえに、3バックというのは練習時間が多くとれない代表チームにはあまり向いていないシステムだと思います。






ザッケローニは今後3バックとどう付き合っていくのでしょうか。



3バックもオプションとしては面白いので、ブラジルW杯まで時間もあることですし、今のうちにいろいろ試してほしいと思います。



長友や内田が3バックのウィングバックもできるようになったら、面白いだろうな。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

”重要なのは選手のクオリティであって、国籍ではない” [about football]


明日はキリンカップのチェコ戦がありますね。




来日しているチェコ代表GKチェフが、日本代表GKの川島についてコメントを出しています。

(yahooニュースより)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110606-00000317-soccerk-socc


チェフ自身もサッカーの強国とは言えないチェコから、イングランドに渡り、チェルシーで高い評価を得ているので、この言葉には説得力があります。



チェフの言うとおり、日本の選手がどんどんヨーロッパに移籍をして、より高いレベルで修業をしてほしいです。






来日しているチェコ代表で知っているのはチェフと、本田の同僚のネチドぐらいですが、どんなサッカーを見せてくれるのでしょうか。



明日の試合が楽しみです。






明日は絶対残業しないで帰ろ!





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

#18 09-10 Bayer Leverkusen Home 11 Kießling WIR HELFEN [German Club]

leverkusen0910-wirhelfen-1.jpg

leverkusen0910-wirhelfen-3.jpg

leverkusen0910-wirhelfen-2.jpg



Shirt data: Bayer Leverkusen Home

Season: 09-10

Sponsor: WIR HELFEN

Supplier: adidas

Name: 11 Kießling

Size: XL

Note1: with Bundes Liga patch and Stiftung patch on the sleeve

Note2: This shirt is Formotion.




18枚目のユニホームは、レバークーゼンのキースリンクです。




レバークーゼンといえば、01-02シーズンに攻撃サッカーで躍進して、CLの決勝でレアルと戦ったのが印象的ですよね。


完全なダークホースですごく面白いサッカーをしていましたが、あのジダンのスーパーボレーがすごすぎて、最後の最後でレバークーゼンの印象がかすんでしまったのがとても残念でした。


01-02シーズン、レバークーゼンはCLだけでなく、ブンデスリーガ、国内カップ戦でもタイトルの可能性をすべて残していましたが、全て最後で敗れてしまいました。


(・・・そんな状況を『ネバークーゼン』と揶揄されたとか(笑))


なんか応援したくなるクラブです。



ちなみに2009年にドイツ旅行でケルンに立ち寄った際、レバークーゼンの本拠地バイアレナを見に行きました。


ケルンからSバーンに乗って、15分ほど。


ここが最寄駅のLeverkusen-Mitte駅

leverkusen0910-wirhelfen-4.jpg


駅から閑静な住宅街を歩くこと25分・・・(遠かった・・・。)


これがバイアレナです。

leverkusen0910-wirhelfen-5.jpg


試合日ではなく中には入れなかったので、いずれ試合を見にきたいスタジアムです。



ネームのキースリンクは、ドイツ代表です。


2009年11月6日のブンデスリーガ第12節のフランクフルト戦で、このWIR HELFENというスポンサーのユニホームを着用しました。


WIR HELFENは、『私たちは助けます。』という意味らしいですが、チャリティーか何かなのでしょうか・・・。


ハートマークがいい感じですね!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。