So-net無料ブログ作成
検索選択

大人と子供・・・(10-11欧州CL決勝) [about football]

土曜日にCLの決勝があって、10-11シーズンも終わりましたね。


私もCLの決勝は見ましたが、正直バルサがマンUをここまであっさりと倒すとは思いませんでした。

チームとしての完成度が大人と子供ぐらい違う・・・。




バルサはCBがマスチェラーノであったこと以外はベストメンバー。

(マスチェラーノは最近ずっとCBだったので、ベストメンバーと言えばベストメンバーなのかもしれませんが。)


一方マンUも完全なベストメンバー。


ただ中盤にリーグ戦で好調だったナニではなく、運動量のあるパク・チソンを入れてきたことから、中盤での攻防を少しでも有利にしようとしている意図を感じました。


ただ実際に試合が始まると、最初の10分まではマンUがバルサ顔負けのプレスをかけて主導権を握ったものの、それ以降は『これがプレッシングサッカーだ!』と言わんばかりにバルサが完全にフィールドを制圧していました。


ルーニーも守備に奔走してましたし、エルナンデスも消えていました。


バルサの組織的な攻撃と守備のレベルが高すぎる。(特に守備)


まるで1つの大きな生き物が次々と小さな11人の人間に襲い掛かっているようでした。


正直マンUの攻撃が形になっていたのは、ルーニー(あと途中出場のナニ)がドリブルで強引に突破した時だけだったと思います。


バルサの守備の基本はボールを失ってすぐにボールホルダーに詰めて、前を向かせないことなので、ドリブルで最初のプレスを突破されたり、後ろからロングボールを放り込まれてそれを拾われると、意外とやられます。


実際試合開始早々のマンUのチャンスもロングボールからですし、ルーニーが点を取った時も、たまたまルーニーが前を向け、かつルーニーの前に誰もいなかったからですし。

(とはいえ、それでもあそこで点を決めるのはさすがルーニーだと思います。)


バルサがルーニーのドリブルを明らかに嫌がっていたので、いつドリブラーのナニを投入するかなーと思って見てました。


ギリギリまで同点でしのいで、ナニ投入で何とか1点を狙って、最後に勝ち越すことをファーガソンは狙っていたのではないかと思いますが、2点目を取られた後では遅かった。


というより、マンUが弱者の戦い方を強いられた時点で、勝負はついていたのかもしれないですね。


試合終盤になっても、ビジャやペドロはファンデルサールにプレッシャーをかけてましたし、バルサがいかに全員で連動して守備をしていたかがわかります。


惚れ惚れするぐらい見事なチームプレイ。


正直、今のバルサと互角に渡り合えるチームはヨーロッパにいないのではないかと思うくらい。



来シーズン、バルサを止めるチームは現れるでしょうか。


というより、どこかバルサを止めるチームが出てこないとCLもつまらなくなります。

(リーガエスパニョーラは、既にバルサとレアルのリーグになった感があるので残念に思っています。)


誰か、バルサを止めてくれ!




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。